ホームジムバイブル

コンパクトで省スペースなホームジムにハーフラックがおすすめ

コンパクトで省スペースなホームジムにハーフラックがおすすめ
マンションやアパートでホームジムを作るときに最も心配なのは部屋の広さとホームジム器具の大きさでしょう。

殆どの場合は6畳くらいの部屋にホームジムを作ると思います。正直6畳の部屋にパワーラックを置くのは圧迫感があるのでお薦めしません。

私がお薦めするのは省スペースで設置できるコンパクトなハーフラックです。これまではホームジムと言えばパワーラックというくらい当たり前の筋トレ器具でしたが、これからはハーフラックが主役になりそうな気がします。

部屋には立方体を置くと考えて筋トレ器具を買う

部屋の広さをメジャーで測ってパワーラックの寸法と照らし合わせてみるものの、実際に設置するのは設置の床面積に加えてそのまま高さ2mちょっとの立方体を置くことになります。

パワーラックは立方体で空間支配率が高い

広さ的に部屋にパワーラックを設置することはできますが、その設置面積から縦に天井近く2m以上続く立方体を形成するわけです。四角く空間を支配してしまうパワーラックは圧迫感があって部屋がパワーラックで埋まってしまうこともあります。

ハーフラックなら支柱が2本だけでほとんど空間支配しない

そんなときに支柱2本で支えるだけのハーフラックが体積的にコンパクトでお薦めです。柱が2本立っているだけなので空間支配率は低く、部屋に抜けができるので圧迫感はほとんどありません。正直パワーラックとの比較対象にならないくらいの違いがありますよ。

支柱が2本スラッと伸びているだけで見た目がシンプルなので、黒いハーフラックはクールでインテリアとしてもカッコイイしお薦めですよ。

省スペースだと心の余裕が持てる

圧迫感があり大きなパワーラックで埋め尽くされたホームジムと違い、空間に抜けがあるハーフラックは空間的に省スペースであり心に余裕が生まれます。

例えばプレートの着脱のときも部屋の中をササッと移動して行えます。目の前に4本の柱のどれかがそびえ立つパワーラックではパワーラックの中から出たり中へ入ったりしながらプレート着脱をするなど手間もけっこう掛かるんですよ。

ちなみにプレートの着脱が面倒に感じ始めると、ホームジムでの筋トレモチベーションは保ちにくくなります。普通に面倒だなとか、こんな狭いところで筋トレしたくないな、とう愚痴が増えます。

本体重量が軽いハーフラックは床への負担も軽減できる

パワーラックだろうがハーフラックだろうが筋トレ器具とプレートの重みで床が抜けることはないと詳しく別のページで解説しました。

しかしフローリング材自体が圧迫されてヒビが入ったり割れることは十分考えられます。

そう考えるとパワーラックの重量が100kg前後、ハーフラックの重量が50kg前後と考えると、床材への負担も半分になるので安心して設置することができますよね。

ハーフラックの安定性と安全性

ハーフラックは2本の支柱だけなので、安定性を比較すると当然パワーラックのほうが高いと言えます。とは言え、構造上ハーフラックを使っていてバーベルを乗せたときにグラグラして安定性が低い、なんてことはまったくありません。

2~3万円程度の激安フラックは各パーツが細く軽く出来ているので安定性は危ういと言えますが、パワーテックなどであればグラつくことなく安心してトレーニングができます。

ちなみにパワーテックのハーフラックは筋トレ系YouTuberで芸人のコアラ小嵐さんも愛用していることで有名。ボディビル大会で優勝するほど使い込んでも問題ないことは動画を見ればよくわかるはず。

お薦めの省スペースハーフラック

コンパクトで省スペースなホームジムにハーフラックがおすすめ
POWERTEC ハーフラック(イエロー・ブラックの2色)

96,800 円(税込・送料込)
サイズ:幅127×奥行91×高208(cm)
重量:56kg
耐荷重:ラック部450kg、チンニングバー180kg

有名YouTuberも使っているハーフラック

筋トレYouTuberで芸人、そしてボディビルコンテストで優勝するコアラ小嵐さんも使っているパワーテックのハーフラックです。ラック部分は450kgまで耐えられる強靭な作りが特徴ですね。

個人のホームジムでも省スペースですが業務用のプライベートジムでも十分耐えられる耐久性が大きなポイントです。

私は過去に2台パワーテックのハーフラックを購入しています

このパワーテックの安全性と耐久性、省スペース性から、私は黄色と黒の2種類をこれまでに購入して使っています。何と言っても部屋の空間を圧迫しないのが良いですよね。

コンパクトで省スペースなホームジムにハーフラックがおすすめ
ちなみにこの部屋は正方形で4.5畳ほどの部屋です。壁が右側に見切れていますがすぐ壁があるんですよ。そんな狭い部屋でも設置できるのがハーフラックの大きなメリットです。ストレートバーはIVANKOまの1860mmを使っていてプレート着脱はなんとかできるくらいの広さ。

これほどの狭さだとパワーラックを置けても部屋に入ったらパワーラックの中に入る感じになってしまうんですよ。さすがにそれは避けたいですよね・・・。

高いだけあってそれなりの状態で梱包されている

パワーテックは高くはないけど安くはない、それなりの価格がすることもあり、梱包状態は機材同士がぶつからないように緩衝材が入るなどしてこのようにかなり良いです。
コンパクトで省スペースなホームジムにハーフラックがおすすめ
アメリカのメーカーですからガサツな感じかと思われそうですがそんなことはないので安心してくださいね。

逆に激安筋トレ器具の場合は梱包が本当に雑です。
コンパクトで省スペースなホームジムにハーフラックがおすすめ
保護もされていないしボルトなども梱包が劣化したのか破れていて箱の中で散乱していました。本体フレームも傷だらけ。

パワーテックはゴールドジムが梱包を解いて組み立て確認してから発送される

パワーテックなどを扱うゴールドジムが輸入販売をしているのですが、日本に到着後にパーツが揃っているか、組み立てに問題はないか、一度組み立ててから発送されるそうです。

そのため欠品もこれまで一度もありませんでしたし、不良品もありませんでした。丁寧な仕事をする会社はしっかりと中身を確認するんですよね。

最近は中身を確認せず中国から来たものを倉庫から直送するだけの存在価値のない代理店も多いので、ゴールドジムが一際素晴らしく感じます。安心して何度も購入しているリピーターはかなり多いのではないでしょうか。

自宅に置く一生モノの相棒となる筋トレ器具だからこそ、安くて適当に扱われた器具ではなく大切に扱われてきた器具を迎え入れてあげたくなります。良いものを使うとモチベーションも上がりますしね。

ジムレベルでトレーニングができる

グリップバリエーション豊富なチンニングバー

個人的に絶対欠かせないのがチンニングです。チンニングバーは180kgまで耐荷重があるので荷重チンニングも可能です。
コンパクトで省スペースなホームジムにハーフラックがおすすめ
グリップ幅や向きなども自由。パワーラックについている多くのチンニングバーはストレートバーであることが多く、握る幅と角度などが自由なチンニングバーがついているほうが筋トレの幅は格段に広がりますよね。

ケーブルマシンを追加できる

それとここにケーブルマシンをオプションでつけることができます。使わない初期段階ではこのように穴にキャップをつけておけます。
コンパクトで省スペースなホームジムにハーフラックがおすすめ
私はケーブルマシンをつけずシンプルなパワーラックの状態で使いたかったので購入しませんでしたが、コアラ小嵐さんはオプションでつけています。

28mmプレートホルダー

ハーフラック後ろ側のスペースには28mmのプレートをスタックできるホルダーが両サイドにあります。50mmプレートでも当然ここにさせます。

最新のパワーテックはJカップが静音性にモデルチェンジ

これまでのハーフラックでは金属むき出しでしたが、最近は静音処理された黄色いJカップに変更になりました。

ホームジムでは静音性は課題として誰もが持ち続けていることですよね。最新のハーフラックを発注すればラックに戻すときもガシャンという音を最小限に抑えることができます。