ホームジムのダンベルは固定か可変かどちらが良いか

ホームジムのダンベルは固定か可変かどちらが良いか
ホームジムは一般的に6畳前後の部屋に作ることが多いハズです。そのためスペースには限りがあり、ジムのようにダンベルをたくさん所有することは非現実的です。当然いくつもダンベルを購入したら費用もかさみます。

ダンベルトレーニングを重視したい場合、細かく重量を変えられる可変ダンベルを検討するのが一般的でほとんどの場合正解です。

1kg単位で細かく重量調整したいなら可変ダンベル一択

可変ダンベルは1~2kg前後のプレートをワンタッチで着脱して重量調整ができます。そのため肩、腕、胸と色々な部位で細かく重量を調整して最適なウエイトにしてトレーニングすることができます。限界ギリギリを攻めるのにも、ホームジムでは可変式のダンベルが最もコスパがよく、場所をとらないためほぼこれ一択になるのではと思います。

お薦めの可変ダンベル

昔はパワーブロックが可変式ダンベルでは有名で、ほぼこれしか選べませんでしたが、最近は普通のプレート式ダンベルのような使い方ができる可変ダンベルが登場し、人気が高まっています。

可変式ダンベルの注意点

ウエイトをワンタッチで着脱できるものの、固定が甘いとウエイトが噛み合わず落下することがあります。基本的に着脱はコツもいらないほど簡単ではありますが、しっかり固定されていることを確認して使用するよう心がける必要があります。

また、数年間使い続けた際の耐久性はまだわからない部分があります。ホームジムで使うので、ジムのようにダンベルを放り投げるような使い方をする人はいないと思いますが、可変式ダンベルはある意味精密機械のようなものなので壊れます。

自分のコントロールミスとは別の部分で怪我をする可能性もあるため注意して使用しましょう。現在は多くの方が可変式ダンベルを使用しているので経年による問題が出ればすぐ情報が出回るでしょう。

固定式ダンベルは安定性を求める人向け

重量が固定された昔ながらのダンベルです。ジムでも1kg刻み、2kg刻みでダンベルが用意されていますよね。可変式よりも場所を取るし、1kg単位で揃えるとなると可変式ダンベルよりも高くついてしまいます。

そこまで細かく刻まなくても、5kg単位で軽めに揃えられればよいのであれば、安全性や本来のダンベルの形状で筋トレのしやすさを考えると固定式ダンベルも選択肢が出てきます。

ちなみに私はIVANKOのプレート着脱ダンベルと固定式ラバーダンベルを使用していますが、IVANKOのプレートが筋トレ中に落下したことから、固定式ダンベルに買い替えました。

可動域全体を使って安定した動作を常にキープする筋トレに最適

私が持っているのは10kg、15kg、20kgの3種類です。どんどん使用重量を増やすのではなく、怪我をしないように可動域を100%使いトレーニングを安全に行えるウエイトを揃えました。

一度IVANKOのダンベルでプレート落下を経験しているだけに、固定式ダンベルの安全性の高さと安心感から、余計なことを考えずに可動域を使い切ってトレーニングできることは私にとって重要です。

そしてホームジムなので無理な重量で筋トレするリスクは高いです。怪我もそうだし落としてしまう騒音も考えると、ダンベルはバーベルの補完器具として使うのがよいと思うようになりました。

ホームジムは近所への配慮、怪我防止などを総合的に考える必要がある

今現在はほとんどの人に可変式ダンベルがお薦めです。自分の限界に少しずつ挑戦できるし場所もダンベル2つ分で済みますからね。

それと同時にホームジムでの筋トレは、近隣への騒音配慮や、怪我をしないように安全第一にトレーニングすることは最優先で考える必要があります。ホームジムはジムではなく、一般住宅の中であり得ない重さの器具を使って筋トレしていることを忘れてはいけません。

どちらのダンベルを買うにも、これを意識して自分が自宅で筋トレするならどのダンベルがベストか改めて考えてみましょう。

著者プロフィール
パワーラック1台、ハーフラック2台、プレスベンチ2台を引っ越しや環境変化に合わせて購入しホームジムを5回作ってきた経験から、 これからホームジムを作りたい方、小規模パーソナルトレーニングジム開業を目指す方向けの筋トレ器具選びのtipsや筋トレ、サプリ、食事などの情報をまとめていくサイトを作りました。 ジムの筋トレは行くのが面倒、器具の順番待ちの時間が無駄、一生会費を支払い続ける固定費の削減、これらを総合的に判断してホームジムを作ることをお薦めします。